« 登呂遺跡へ行く byはかせ | Main | 完成物件 »

イタリア 散歩de探訪 その六

はかせ:ひゃー、かわゆい屋根がズラーリ。おとぎの国ぢゃのー。
     じょーしゅーくん、あそぼー♪なんちゃっ・・・・
助手:いいよ、はかちゃん!
はかせ:だ、誰がはかちゃんぢゃ!ちゃんと博士と呼びなっつーの!失礼な(笑)
     さて、このトゥルッリという三角錐屋根が特徴的な街「アルベロベッロ」は
     世界遺産にも登録されてる、
     建築的にも面白い住居なんぢゃ。
助手:そーなんですかぁ?瓦礫を積み上げただけの建物に見えますけどねー・・・。
はかせ:そのとおーり!
助手:?
はかせ:トゥルッリ住居はもともと、15世紀から17世紀この地に住み着いた
     農奴が作った家なのぢゃ。
     その当時、農奴は家を持ってはいかんという法律になっておったから、
     皇帝や役人に見つからぬよう、農奴は瓦礫を積み上げ、
     「役人が来たら壊しやすい家」を建てたってワケ。
     それがトゥルッリ住居の特徴であり、
     世界的にも珍しい石積み屋根の建築技術となっているのだ。
助手:やるぢゃん、はかちゃん!博学だねー。
はかせ:誰が、はかちゃんぢゃ!!!

Albelo
アルベロベッロ
(語源はイタリア語で「美しい木」)
バーリ駅から単線で1時間
トゥルッリの屋根には、魚や鳥、
ラテンの文字が描かれており
祈祷の意がある。
ホテルとして利用可の
トゥルッリ住居あり。←オススメ

|

« 登呂遺跡へ行く byはかせ | Main | 完成物件 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イタリア 散歩de探訪 その六:

« 登呂遺跡へ行く byはかせ | Main | 完成物件 »